※8倍の返信率※出会い系のファーストメールの書き方と考え方を解説します。

      2017/04/03

出会い系のファーストメール成功

合言葉は「掴み一瞬、あと返信」ジュンです!

第一印象は3秒で決まると言われていて、なかなかのことがないと覆りません。

出会い系の場合は、感じのいいメールが送られてきたら男性のプロフィールを確認するという女性が圧倒的に多いです。それぐらい女性は待ちの姿勢でもメールが送られてくるんですね。

 

送られてくる大量メールの中で、女性がつい返信してしまうファーストメールの書き方を徹底的に解説していきます。

 

体験談で使った実例画像を参考に解説していくので、効果は保証済みです。大きなポイントが8つあるので順番に見ていってくださいね(^^♪

この記事をちゃんと読めば、何も考えずにサイトメールを送っていた時の8倍の返信率は期待できるでしょう!!

本当にファーストメールは大事なのでこの機会にぜひ役立ててくださいまし!

※ポイント8つ※出会い系ハッピーメールで実際に送ったファーストメールです。

ファーストメールの書き方徹底解説

はじめまして、豊中市に住んでいるジュンと言います。

僕も甘いものに目がなくて、美味しいスイーツがあると聞くと飛んでいきます

(^_^)最近はパティスリーkokoroのクロッカンを食べた余韻を引きずりながら生きている感じです(笑)

良かったら美鈴さんのお勧めスイーツとかあれば教えてください。画像

 

攻略ポイント1 挨拶は人間としての最低限のマナー

基本中の基本なので、特に言うことはありません(笑)

攻略ポイント2 住んでいる地域、趣味が同じなど共通点をさりげなく盛り込んでおく

人間は共通項の多い人に共感をおぼえ、好印象を持つ生き物です。

相手のプロフィールをよく読んで、ここをくすぐると反応するんじゃないかというポイントをざっくりでいいのでいれておきましょう。

攻略ポイント3 「私のプロフィールをしっかりと読んでくれたんだ。嬉しい!!」と思われる内容にする

ここが最大のポイントです。誰にでも送っているコピペメールだなと思われないようにしなければなりません。たとえコピペだとしても(笑)

そう思われないために⑤の文章に続いていきます。

攻略ポイント4 (笑)や顔文字を使って親近感を演出する

使いすぎるのは良くないですが、全く使わないのも「この人マジメか!!」「堅苦しいひとだな・・・」と敬遠されてしまう理由になります。

 目安として僕は(笑)と(^_^)顔文字を1メールに1個づついれて印象を和らげています。

攻略ポイント5  相手のプロフィールや、好きなものに対して自分なりの感想をいれる

ここも最大のポイントです(笑)

感想や「僕も同じように○○してるんだよ」系の言葉をいれることによりコピペ臭が消されます。

それプラス、熱を入れて書くことにより「この人分かってる!」的な共感が得られるので絶対にいれるようにしましょう! ちなみにコピペとバレた時点で返信はこなくなりますw

攻略ポイント6 相手の名前を入れる

人間は自分の名前に重要感を持って生きています。

たとえ出会い系サイト上の偽ネームであったとしても1.2回は呼びましょう。もうひとつ・・・小手先コピペばれ対策でもあります。(笑)

攻略ポイント7 返事がしやすいような質問をいれる

人間は怠惰な生き物なので、自分で物事を考えるのが苦手です。女性が頭を使わなくてもいいように、趣味や好きなものについての質問などをいれておきましょう。

質問を入れることで会話の主導権も握れますし、質問されたら答えたくなるのが人間心理です。

女の子も好きなことなので答えやすいですし、喜んで語ってくれますよ。

攻略ポイント8 (余裕があれば)写真を添付する 

目立てば8割性交成功」という言葉があるんですが、コレ・・・本当ですw

相手のプロフや趣味に沿った内容のある写真をつけることで「君は特別」という別格感、優越感を与えることができるため好印象を持たれやすいですよ。

ビジュアル的にも写真が添付されていると表示されるので凄く目立ちます。外面、内面と両方をカバーできるキラーツールなので、積極的に利用していきましょう。

※ハッピーメールのようにポイントが消費されるサイトで写メを添付すると、ライバルがみんなやらないので効果が高いんですよ(笑)

 

その他・出会い系でファーストメールを送る時に気をつけていること

チェック1 読みやすい文章を心がける

段落ごとに改行して相手が見やすくなるように工夫しましょう。

チェック2 文字数は200~300以内に収める

あなたに興味を持っていない段階での長文はうっとおしいだけです。

やりとりを重ねて興味をもってくれれば、自然と相手の文字量が多くなります。それに合わせて文字数を増やしていけばOKです。

チェック3 基本は敬語を使う

よほどハッチャけた子でないかぎりは敬語が無難です。メールを重ねていくうちに、自然とため口に移行しても大丈夫かどうかなど分かってきます。

出会い系サイトにおけるファーストメールについて

出会い系のファーストメールから会った女性

冒頭に「第一印象はなかなか覆らない」と書きました。

出会い系サイトは会社や学校などと違い、何度も話す機会があるわけではありません。

実際に会ってみれば性格の良さやカッコよさが分かってもらえるとしても、女の子側から判断できる材料は男性側のファーストメール(メッセージ)とプロフィールだけです。

 

女性側の合否判定の基準は人それぞれですが、人間心理を捉えたメッセージを送ることにより合格行きの切符をもらえる可能性は高まるハズです。

プロフィールもそうですが、メッセージも1回作れば終わりというわけでなく、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を繰り返すことにより精度が高まっていきます。

 

僕自身、以前はメール内のコピペ使いまわし率が7割ほどあったのが今は4~5割まで減らして、オリジナルの文面を入れるようにしました。

理由は女性側にコピペとバレやすくなり返信率が下がったからです。

 

ネット環境が整った現在、検索をすれば「ファーストメールテンプレート」など雨後の筍のように出てきますよね。

大勢の人間が同じような文面を使いまわすことにより、女性側もコピペだと気づき始めているのかなという印象があります。

皆と同じではなく、ちょっとした工夫をすることで差別化を図り、女の子の心を開と股を開かせたいですねw(ゲス)

 

※写真は出会い系のファーストメールが成功して、家に遊びに来た巨乳のショップ店員ですw※

参考リンク👉ハッピーメールで出会ったショップ店員をハメ撮りした体験談


 

体験談バナー

 - 出会い系サイト攻略